Functions

Long Term Simulation

長期SIM

長期SIM

5つの視点から運用シミュレーションを作成

「収支・資産」、「内訳」、「繰上げ返済」、「 保険効果」、「まとめ」の5つの視点から提案資料の作成が可能

収支・資産

運用期間中の様々な変動条件をシミュレート

空室、賃料下落などリスクシナリオや想定売却価格における資産性、運用メリットを可視化。
長期運用グラフで表現することで直感的な全体把握ができニーズを喚起させる事ができます。

設定条件

「物件」、「金融機関」、「税金」、「管理・他」の関連した全19項目の中から必要に応じて設定可能。


保険効果

死亡または高度障害と診断され、ローンが完済された場合の生命保険効果を試算。
不動産の資産性と運用を継続し得られる収入を合算したシミュレーションが可能。


繰上返済

軽減返済額、または返済期間短縮を瞬時に計算。合わせて利息軽減効果も表示。

売却

売却シミュレーションにおいては想定売却価格と残債、譲渡税率、取得費などを瞬時に計算し譲渡税や売却手残りなどの内訳も表示。


不動産キャッシュフロー表

直感的に把握できるグラフ表示だけではなく、年次毎の詳細な内訳数値もグラフと連動して自動で反映されている為、併用して活用も可能。

Case Study

活用事例

プレゼンテーション

今まではエクセルで試算した数値を羅列しただけ、または長期運用におけるリスクシナリオを表現していない単純な帳票でしか提案出来ていなかった為、運用メリットをしっかりご理解いただけないことも多々ありました。
「PORT」を活用することで直感的にメリット、デメリット両方の表現が出来るビジュアルでご提案出来るようになっただけではなく、面談中の様々なニーズにもスムーズに対応出来る為、オリジナルの提案を演出することができ、顧客満足度が飛躍的にあがりました。

サービスの導入やお見積もりなど
お気軽にご相談ください。

お問合わせ